サプリメントの摂取を検討される方へ「3つの提言」

1.何故、必要なのか?


人為的に作られたサプリメントすなわち栄養補助食品は本来ならば必要のない物です。三度の食事で十分栄養が満たされていて健康には自信があるということであれば、わざわざお金を払ってサプリメントを飲む必要はありません。では何故あなたはサプリメントを必要としているのか今一度考えてみましょう。
体を癒し修復するためには、人間を構成する60兆個の細胞が正しく機能するよう栄養摂取の改善を行うことが大切です。もしあなたが慢性的なお悩みや症状を抱えている場合、まず間違いなく何らかの栄養素の過不足が疑われます。もちろん全ての原因がそうであるとは申しませんが、少なくとも細胞のエネルギー源であるビタミンやミネラル、脂肪酸といった本来あるべき栄養素が不足していれば当然ながら様々な不定愁訴として現れてきます。いわゆる生活習慣病は、栄養は満たされていても、「栄養素」は不足している現代の食習慣が招いた副作用と言ってもよいでしょう。このことを是非頭に入れてサプリメントを有効活用してください。今日、アメリカでは成人の約60%が何らかのサプリメント(栄養補助食品)を毎日摂取しています。その大半がビタミンやミネラル剤であり、臨床治療の場でもこうしたサプリメントを使って病気の治療や、人間が本来持つ自然な治癒力を引き出すために活用されています。
 

2.いつまで継続すべきなのか?


良くある質問の多くに「サプリメントはどの位の期間続けたら良いのか」ということがあります。これも人それぞれ、正確にお伝えすることはできませんし、ご自身のカラダと対話しながら、慢性症状やお悩みの緩和や解消が実感できた時がゴールといえるでしょう。大前提として日々の食事が主役であり、サプリメントはあくまで補完役であることは言うまでもありません。しかし、サプリメントを適切に活用していくことは電動アシスト付きの自転車に乗るようなものです。 自分の力で漕ぎだすことが最低限必要ですが、たどり着きたいゴールまで力を後押ししてくれる強い味方になってくれます。
サプリメントを使って集中的に栄養摂取の改善を行う場合、人間の身体の細胞の代謝期間を考慮し、最低6か月は継続することが大切です。サプリメントは薬とは違い即効性を求めるものでなく、日々の食習慣と同様に積み重ねて身体を作っていくものです。
 

3.栄養補給は「消化吸収力」が鍵


近年巷では安全志向の高まりから盛んにオーガニック素材や無添加食材が持てはやされる傾向にありますが、実際に高いお金で買ったオーガニック食品を食べ始めてから健康になったという方の話はあまり多く聞こえてきません。どんなに栄養豊富な素材を摂ったとしても、その栄養が十分に利用されるよう体内環境が整っていなければ意味が無いからです。これはサプリメントを摂る際も同様です。サプリメントの恩恵を受けるには、身体に入れた栄養素が正しく消化分解され吸収・代謝することができるような体内環境のベース作りが必要です。日頃から消化分解、吸収のプロセスに重要な胃腸の環境に気を配り、その能力を維持向上させるよう意識してください。
 

 

01_3